キャッシング
海外ドラマ
応援宜しくお願いします。
↓ ↓

2010年07月20日

理解するために仮説を立てる。

私は、物事を理解するための一番良い方法は、仮説を立てる事だと思っている。

私は、そうやって、これまで学んで来た。


私は、疑問に思った瞬間に仮説を立てる。

仮説だから、それが、正しいかどうかなどは無視して、これまでの経験と知識を絡めてもっともらしい理屈を自分なりに立ち上げる。


今、私の頭の中には、器用な人についての仮説がある。

器用な人の定義が曖昧で人によって捉え方が違うかもしれないけど、ここでは、新しい何かをさせれば普通の人よりもすんなりとこなしてしまう人という体で話してみる。


1、『器用な人は、手のひらをパーにした状態で、小指を単独で

   曲げる事が出来る。その時、器用な人ほど、他の指は、

   動かない。』


2、『子供の時から、空手、ピアノ、料理などをやっていた人は

   器用。』


この1と2が私の立てた仮説だ。皆さんの頭の中にいる器用な人に当てはめて考えてほしい。

もちろん、私の立てた仮説が正しければ、2で挙げた人達は、当然1にも当てはまるという事になる。

なぜ、こんな事を思ったのかというと、私自身が、器用になりたいと憧れてしまったからだ。


そして、器用な人を観察した結果、皆共通して小指が、単独で動いている事に気が付いた。

その後からは、仲良くなった人全てに、自分の持論を説明して、小指を曲げてもらった。


するとやっぱり、私が器用だと思った人は、皆、1に当てはまる。

そして、そういう人の多くは、2にも当てはまる人も多かった。


私は、学者じゃないから専門的な事は、分からないが、これのおかげでいろんな疑問が持てた。


そして、その疑問にまた、仮説を立てる。

そうしていくことで、知識の幅が広がって行くのではないかと思う。


この世の中は、正解のない事ばかりがはびこっている。

特にビジネスの世界はそうだ。

どうやれば金を儲けられるか?に100%はない。


そんな中で、自分なりの秩序を持っている者が生き残っているような気がする。


もちろん、自分が正しいと決め付けて相手の意見に賛同出来なくなってしまう事はいけない。


これらをふまえて、桐島は、自分の秩序作りのために仮説を立てるこをお勧めします。

posted by 桐島靖男 at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156868945

この記事へのトラックバック
↑ ↑
応援宜しくお願いします。
cbist::無料アクセスアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。